ダウンロード / Download

 ダウンロード

SourceForge.JP のダウンロードページにて公開しています。以下のボタンをクリックすると、DTXManiaをダウンロードできます。(DTXManiaをダウンロードすると、DTXCreatorも添付されています)

http://sourceforge.jp/projects/dtxmania/releases/?package_id=11546

DTXMania は、YAMAHA の電子ドラム「DTX-Drums」シリーズで手軽に演奏することを目的とした、ドラムトレーニングツールです。
更新履歴(DTXMania)】 (English)

DTXCreator は、DTXMania で使用可能な演奏データ(DTXファイル)を作成するためのグラフィカルエディタです。
更新履歴(DTXCreator)】 (English)

 動作に必要なもの

  1. .NET Framework 2.0 以降 (DTXMania Release 100以降は、.NET Framework 4.5.1以降 )
  2. DirectX 9.0c エンドユーザランタイム('''June 2010''' 以降)

(注: DirectX 9.0cのインストールがうまくいかない場合は、DTXMania本体をダウンロードして、zipを展開して、その中にあるDirectX RedistフォルダのDXSETUP.exeを実行してください。これで、DirectX9.0cをインストールできます。)

.NET Frameworkや、DirectX 9.0cのコンポーネントがインストールされていないパソコンの場合、以下のようなエラーダイアログメッセージが表示され、DTXMania を起動することができません。

  • 「アプリケーションを正しく初期化できませんでした」
  • 「○○○○.dll が見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした」

 インストール・アンインストールの方法

  • インストールは不要です。お好きな場所に配置して下さい。
  • アンインストールするには、DTXMania のフォルダごと全部削除して下さい。レジストリ等はいじってません。

 曲データの登録

  • 曲データ(DTX, GDAなど)は本体のアーカイブには含まれていませんので、各自で入手して下さい。
  • 入手した曲データは、基本的に、DTXManiaGR.exe と同じフォルダの中に適当な名前のフォルダを作り、その中に配置して下さい。
  • Config.ini(DTXManiaを1回でも起動すると自動的に作成されます)の DTXPath で指定されるフォルダ文字列をメモ帳などで追記すると、任意のフォルダに曲データを配置することができます。
  • DTXMania は、演奏記録ファイルを曲データと同じフォルダに出力します。そのため、曲データは、DTXMania を起動しているユーザがアクセス(書き込み)可能な場所に配置して下さい。

オープンソースに関して / Open Source Information

 ソースコード

DTXMania と DTXCreator のソースコードは Subversion リポジトリにて管理しており、OSDN にて完全なソースコードならびに各種資料を閲覧することができます。

DTXMania プロジェクトのリポジトリ閲覧ページ (SourceForge.JP)
http://sourceforge.jp/projects/dtxmania/svn/view/

また、任意の Subversion クライアント(TortoiseSVN など)を用いれば、誰でも上記リポジトリからすべてのソースコードと関連資料をチェックアウトすることができます。
ただし、DTXMania プロジェクトの参加者でなければ、リポジトリへのコミットなどの変更操作は行えません。

DTXMania プロジェクトの「開発者用」 SVN リポジトリアドレス(SourceForge.JP)
※httpsです。また、初回接続時に、SourceForge.JP の ID, Pass が必要になります。
https://svn.sourceforge.jp/svnroot/dtxmania

※上記アドレスは、Webブラウザではなく Subversion クライアントで使用するアドレスです。


 ライセンス

DTXMania ならびに DTXCreator は、MIT License に準拠します。

DTXMania 使用許諾
Copyright (C) 2000 2011 DTXMania Group

以下に定める条件に従い、本ソフトウェアおよび関連文書のファイル(以下「ソフトウェア」)の複製を取得するすべての人に対し、ソフトウェアを無制限に扱うことを無償で許可します。これには、ソフトウェアの複製を使用、複写、変更、結合、掲載、頒布、サブライセンス、および/または販売する権利、およびソフトウェアを提供する相手に同じことを許可する権利も無制限に含まれます。

上記の著作権表示および本許諾表示を、ソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載するものとします。

ソフトウェアは「現状のまま」で、明示であるか暗黙であるかを問わず、何らの保証もなく提供されます。ここでいう保証とは、商品性、特定の目的への適合性、および権利非侵害についての保証も含みますが、それに限定されるものではありません。 作者または著作権者は、契約行為、不法行為、またはそれ以外であろうと、ソフトウェアに起因または関連し、あるいはソフトウェアの使用またはその他の扱いによって生じる一切の請求、損害、その他の義務について何らの責任も負わないものとします。