GDAC2の基本的な使い方篇

  • GDAC2でDTXデータを作るときの基本的な使い方を教えて下さい。?
  • GDAC2の便利な使い方を教えてください。?

 ? GDAC2でDTXデータを作るときの基本的な使い方を教えて下さい。

J.T.さんの GDA Creator Professional Edition (以下GDAC2) は、元々はGDA/G2D譜面を自分で作成するためのソフトなんですが、 DTXデータも作成することができます。 ここでは、GDAC2を使って、DTXデータを作るための方法を説明しています。

(良く勘違いされるのですが、GDAC2は 「曲を読み込ませると自動的に譜面を作ってくれるソフト」 ではありません。「自分でチップを配置して、譜面を自作するツール」です。)

まず、GDAC2の操作以前に、当たり前のことなのですが 「GDAC2のダウンロード並びにインストール」が必要になります。 詳しくは、 Q&Aの曲データを自分でも作ってみたいのですが、どうすればいいですか?? をご覧下さい。

ここでは「DTXデータ」を作るために必要な最低限のGDAC2の操作方法について説明しています GDAC2を開いたときは、最初GDA/G2Dを作る譜面ウインドウが出ますので、 それを閉じてDTXを作る画面を出すようにして下さい。? (別のところで、最初から新規DTXデータを開くやり方?も説明しています。)

さて、ここから、以下のような基本的な操作について順に説明します。

  • 曲のタイトル、作者、難易度(LEVEL)、 テンポ(BPM)、プレビュー音の設定方法?
  • その他の付加情報の入力のしかた?
  • 音のファイル登録のしかた 〜 譜面の配置をするその前に?
  • 譜面の作り方 (チップ音の置き方 (ノーマル))?
  • チップの位置のズラし方(動かし方)、削除のしかた、コピーのしかた?
  • オープンハイハット、ライドシンバル、左クラッシュシンバルの入力のしかた?
  • BPM, BPxの入力のしかた? (曲のスピードの指定)
  • チップとBGMのずれのあわせ方 (BPMの求め方など)?
  • ギター譜面の入力のしかた] (OPEN他)
  • 試し演奏のしかた?

ちょっと便利な使い方については、別のQ&Aで説明します。


? 曲のタイトル、作者、難易度(LEVEL)、 テンポ(BPM)、プレビュー音の設定方法

下図のように、GDAC2の右上の方にある入力欄に、 曲名 (曲のタイトル) や制作者名などを入力することができます。

GDAC2で、曲のタイトルその他を設定する欄。

「制作者」は、DTXデータ制作者と言うよりは、 作曲者といったニュアンスが強いです。
(人によっては、 作曲:XXXX DTX:YYYY みたいに書かれる方もいらっしゃるようです)

譜面の難易度(LEVEL)は、「Drums:」「Guitar1:」「Guitar2:」 と表示されている部分をマウスでスライド(ドラッグ)することで、 変更することができます。 **これが0になっていると、 DTXManiaは有意な曲データとして認識しませんのでご注意ください。** (たとえば DrumLv.=0 の場合、いくらドラム譜面が含まれていても DTXMania の曲一覧に現れません。)

「BPM」(Beats per minute)は、曲のテンポです。 この値が大きければ大きいほど、速い曲、と言うことになります。
たとえば BPM=140 の場合、BPMの欄の左側に140と入れてください。
右側の欄は、BPMに特定の値を常に加えたいときに使います。 普通は右の欄は何も入れない(0)で良いですが、 たとえば BPM=300 の場合は、左に250, 右に50 と入れます。
(左の値は256より大きくはできないのです。)

「壁紙」は、演奏画面の背景全体を入れ替える場合に使用します。 スキンを入れ替える、という意味ではありませんので注意。 スキンの下に透けて見える背景を指定する、という意味です。 初期状態では、真っ黒な壁紙が表示されます。 つまり、何も表示されていないように見えます。
(ただしこの機能を使うと、DARK使用時に壁紙が真っ黒になるのでお勧めしません。DTXデータでは、「演奏中画面右に表示されるクリップ画像」を別の方法で指定できます?ので、そちらの使用をお勧めします)

「プレビュー」は、曲一覧の画面で流す音楽の指定です。 ボタンをクリックすると、ファイルの選択画面になりますので、 流したい音楽ファイルを選んで下さい。 (wavファイルかxaファイルしか選べません。 mp3ファイルを使うためには、特殊な変換が必要です。)

なお、ここで選択する音楽ファイルは、 他のチップ音のファイルも含め**全て同じフォルダに置いておく必要があります**ので、注意して下さい。


? その他の付加情報の入力のしかた

GDAC2の「Free」というところをクリックすると、 自由な入力ができるフリーテキスト欄が現れます。

ここに、以下のような情報を入力することで、 様々な曲データの付加情報を加えることができます。 たとえば・・・

  • 曲選択画面向け
    • //**#PREIMAGE <PREVIEW画像ファイル名>**//
      曲選択時、右側に表示する表示する画像の指定。 Q&Aの DTXデータで、 曲選択時のクリップ画像を表示させるにはどうすればいいですか。? も合わせて参照下さい。
      また、#PREIMAGE の代わりに #PREMOVIE とすることで、 曲選択時の画像を動画にすることもできます。
    • //**#COMMENT <コメント>**//
      曲選択画面で、曲名の下に出る説明の指定。
  • 曲データを読み込み中の画面向け
    • //**#STAGEFILE <STAGEファイル名>**//
      曲データを読み込み中に表示する画像 (STAGEファイル) を指定します。
  • 演奏中の画面向け
    • //**#PANEL <パネルコメント>**//
      演奏中の画面下(パネルエリア)にテロップ表示されるコメントを指定します。 これがない場合は、 パネルエリアには曲のタイトル(曲名)が表示されます。
  • 演奏結果画面向け
    • //**#RESULTIMAGE <クリア時の画像ファイル名>**//
      クリア画面で表示する画像を変更できます。 これを使用しない場合は、 クリア画面には #PREIMAGE (もしくは #PREMOVIE ) で指定した画像が表示されます。
      なお、たとえば //**#RESULTIMAGE_A <Aランク以上でクリアしたときの画像ファイル>**// といった指定も可能で、 この場合は「ランクがA以上だった場合」に表示する画像の指定となります。

      更に、//**#RESULTMOVIE <クリア時の動画ファイル名>**// や //**#RESULTMOVIE_A <Aランク以上でクリアしたときの動画ファイル名>**// といったように、静止画の代わりに動画を使うこともできます。

? 音のファイル登録のしかた 〜 譜面の配置をするその前に

ここから実際にGDAC2を使って譜面を作る作業について説明していきますが、 その前に、基本的な概念として知っておいてほしいことがあります。

たとえは、 ハイハットのレーンに「このタイミングで叩く」という情報だけを配置すれば、 あとは自動的に適切なハイハットの音が鳴るようになる、 というわけではありません。 (一口にハイハットの音といっても、チッとかチーとかチャッとか、 いろいろな種類があるでしょ?)

すべてのチップにはそれに対応した音のファイルが割り当てられており、 その割り当ても自分で決めてあげる必要があります。 つまり、「このタイミングで叩く」だけでなく、 「この音を」という情報も必要になるのです。

(ついでに書くと、 その「この音」のファイルもあらかじめ自分で準備しておく必要があります。 もし、ドラムの音のファイルを全くお持ちでないのでしたら、 Q&Aの「曲データに使うドラム音は、どこで手に入れられますか? 」?を参照してください)

「1個1個のチップすべてに、 いちいち音のファイルを設定してあげる必要があるの? すごく面倒じゃん!」 とお思いになるかもしれませんが、さすがにそこまで面倒ではありません。どちらかというと、「この音のファイルを、こことこことここに置く」 といったようなイメージで作業を進めます。

ここでは、その「この音のファイルを」の部分の操作法について説明しています。「こことこことここに置く」のやり方は、次の章で説明します。

さて、ずいぶんと前置きが長くなりましたが、音のファイルを選択する方法です。

  1. WAV配列リストを一つ選んで、ダブルクリックします。 下図では、01を選んでいます。 (以後、この番号で、音のファイルを区別するようになります。)
  2. するとファイル選択の画面(下図)になりますので、 使いたい音のファイルを選べばOK。 01の欄に、今選択した音のファイルがセットされます。
  3. 同じように、02, 03, ... の欄にも、 別の音のファイルを入れていきましょう。 例えば、01がスネア音で、02がハイハット、03がバスドラム、 といった具合です。

ドラムを叩いたときに出る音だけでなく、 BGMのファイルも同じようにセットして下さい。

DTXデータでは、01〜ZZの1295種類の番号を使用することができます。 つまり、1295種類の音を使うことができます。 (GDAデータでは01〜FFまでの255種類しか使えません。)

1つだけ注意があります。音のファイルとして登録できるのは、 wavファイルもしくはxaファイルだけです。 mp3ファイルは登録できません。 mp3ファイルを使うためには、特殊な変換が必要です。


? 譜面の作り方 (チップ音の置き方(ノーマル))

音のファイルをセットしたら、次はその音を譜面に配置していきましょう。 前の章で書いた「この音のファイルを、こことこことここに置く」の、 「こことこことここに置く」の説明をします。

譜面上に配置された音の情報のことを、一般的には「チップ」と呼びます。 「チップ」は、番号で区別されます。 たとえば、先ほどスネアの音を1番、バスドラムの音を2番、・・・としてセットしていたなら、スネアのレーンに1番の「チップ」を配置する、ということです。

  1. まず、あらかじめ鉛筆マークをクリックして、「選択モード」から「配置モード」に切り換えておきます。? 既に配置モードになっていれば (鉛筆マークがへこんでいれば) この操作は不要です。
  2. 配置したい音をクリックします。 ここでは、03 の hh_close.wav を選んでいます。 (つまり、ハイハットの音を選んでいます) すると、「03のチップを持っている」ような状態となり、 以後03のチップを譜面に置けるようになります。 別の音を譜面に置きたいときは、いつでも別の音を選択し直すことで、 「チップを持ち直す」ことができます。
  3. チップを配置したい位置で、左クリックします。 ここでは、ハイハットのところで計4カ所、クリックしています。 すると、持っているチップ ( 03 のチップ) が実際に配置されます。
    同じようにして、スネアのチップ音を選んでスネアのレーンに配置、 バスドラムのチップ音を選んでバスドラムのレーンに配置、 ということをひたすら繰り返します。

    間違った場所にチップをおいてしまったときは、 そのチップにマウスを合わせて右クリックしてください。 そのチップを削除することができます。
  4. なお、BGMのチップは、BGMのレーンに配置します。 (慣例として、FF のチップを使う人が多いようです)

チップ音を配置する。

なお、レーン(縦方向の区割り)の使い分けですが、下図のようになります。 基本的には、上部に HH 〜 CY と書かれている部分を使います。

レーン(縦方向の区割り)の使い分け。


? 配置済みのチップの位置のズラし方(動かし方)、削除のしかた、コピーのしかた

以下の図をご覧ください。 まず、配置済みのチップの移動のしかたについて説明して、 その後で削除・コピーのしかたについて説明しています。

どのチップを移動・削除・コピーするのか? という選択のやり方がポイントとなります。 チップの移動のところで詳しく説明しているので、 しっかりマスターしてください。

なお、チップの移動・削除・コピーをする場合は、 基本的にウインドウ上部の「枠のアイコン」をクリックして 「選択モード」にした上で行ってください。 鉛筆アイコンの「配置モード」ではうまくできません。

配置済みのチップを移動するときは、 あらかじめウインドウ上部の「枠のアイコン」をクリックして 「選択モード」にしておくこと。 鉛筆アイコンの「配置モード」ではダメ。

チップを1個移動する場合は、単純にチップを左ドラッグします。

複数個のチップを移動する場合は、 チップの無いところからマウスの左ドラッグをすることでチップの範囲指定が行えます。 その後・・・

範囲指定された中にあるチップすべてが選択状態になるので、 そのうちの一つを左ドラッグして移動します。 (一つをドラッグすると、ほかのチップもついてきます。)

1個ずつ個別に選択チップを追加していきたい場合は、 [CTRL]を押しながら追加したいチップを左クリックします。 (ここでは、HHの2個のチップを選択した状態で、 追加でBDのチップを[CTRL]+左クリックし、 合計3つのチップが選ばれた状態にしています。)


チップを1つ削除する場合は、削除したいチップを左クリックして (このときそのチップが選択された状態になります) [Del] キーを押します。

複数のチップを一度に削除する場合は、 上記の移動のやり方で説明したような方法で削除したいチップを選択した後、 [Del]を押します。 これで、選択されているチップがすべて削除できます。

なお、 「選択モード」でなく「配置モード」の場合 (鉛筆アイコンがへこんでいる状態の時) は、チップを右クリックするだけで、 そのチップを削除することができます。

チップをコピーするときは、コピーしたいチップを選択してから、 チップの上で右クリックして[コピー]を選択します。

その後、必要なところで右クリックして[貼り付け]を選ぶと、 コピーしたチップを貼り付けることができます。

上の図は、下3つのチップを選択した状態で[コピー]し、 その後[貼り付け]したチップを上の方に動かしてきたときの図です。


? オープンハイハット、ライドシンバル、左クラッシュシンバルの入力のしかた

[CTRL]を押しながら左クリックすることで、 オープンハイハットやライドシンバルのチップを置くことができます。 左クラッシュシンバルは、[LC] のレーンで左クリックして入力して下さい。

詳しくは、Q&Aの「オープンハイハットやライドシンバル、左クラッシュシンバルのチップを置くには、どうすればよいのですか? 」?を見てください。

[CTRL]を押しながらチップを置くと、小さめのチップになります。 これらが、オープンハイハットやライドシンバルになります。 左クラッシュシンバルは、[LC]のレーンを使います。

左の譜面をDTXManiaで演奏してみると、○印つきのチップ (つまり、オープンハイハットやライドシンバル)になっています。 左クラッシュシンバルのチップも、ハイハットのレーンに乗っています。


? BPM, BPxの入力のしかた (曲のスピードの指定)

Q&Aのこの辺?をみてください。


? チップとBGMのずれのあわせ方

Q&Aの「DTXデータを作ろうとしたのですが、BPMがなかなかうまく設定できず、曲とチップが同期しません。どうすればいいですか? 」を見てください。


? ギター譜面の入力のしかた

ドラムと同じような方法で入力できます。 以下、ギター譜面の入力のために知っておくと得なことを2つ。

  • 譜面の上下は、譜面のウインドウにある 「スクロール方法」のボタンで変更できます。 (これで、上から下に向かって小節が進んでいくようにできます。)
  • オープンなチップは、[Alt]+[左クリック] で入力できます。

スクロール方向の指定。1回クリックするたびに、スクロール方向の上下が入れ替わる。

-

? 試し演奏のしかた

画面上部の再生アイコンをクリックすればOKです。 [F5] [F6] [F7] のキーを押しても同じ事ができ、それぞれ 最初から再生、現在の位置から再生、停止、 に対応しています。

この部分が灰色になっていてクリックできない場合は、Q&Aの「GDAC2上で試し演奏ができません。」? を見て下さい。

左から順に、[最初から再生] [今画面表示しているところから再生] [再生停止]。


参考: Q&A GDAC2の便利な使い方を教えてください。?
参考: Q&A BPxレーンの使用法?
参考: Q&A 「オープンハイハットやライドシンバルのチップを置くには、どうすればよいのですか? 」?
参考: Q&A 「GDAC2上で試し演奏ができません。」?
参考: Q&A 「DTXデータを作ろうとしたのですが、BPMがなかなかうまく設定できず、曲とチップが同期しません。どうすればいいですか? 」
参考: 旧掲示板の6536番の記事 (BPMの合わせ方について)
参考: 旧掲示板の7710番の記事 (K5 MP3 Tempo Getterのご紹介)
参考: 旧掲示板の7744番の記事 (#DTXVPlaySpeedの提案並びに採用)

最終更新: 2005.1.1

DTXMania Q&A