xaファイルを簡単に再生する方法

たくさんあるチップ音の中から好みの音を選ぶために、 xaファイルをダブルクリックして手軽に再生させたいと思ったことはありませんか?

例えばテキストファイルをダブルクリックするとメモ帳が開きますが、ここではそんな風に、 xaファイルをダブルクリックするとその音を再生するように設定する方法を説明します。


まず、「WAV to XA」をあらかじめ入手しておいて下さい。 (DTXデータを自分でお作りになるような方でしたら、既にお持ちだとは思います。)
もしお持ちでなければ、"WAV to XA" をダウンロードしておいて下さい。

そして「WAV to XA」のファイルを展開する?と出てくるxa.exe を、適当なフォルダにコピーしておいて下さい。以下、xa.exe を C:\bin\ というフォルダにコピーしてあるものとして説明しています。それ以外のフォルダにある場合は、適宜読み替えて下さい。
(なお、xa.exe とは表示されず、上図のように xa とだけ表示されることもあります。以下同様。)

Vistaの場合については、別ページで説明します。


1. [スタート] - [マイ コンピュータ] とクリックして、 マイ コンピュータのウインドウを表示します。

2. 「マイ コンピュータ」のウインドウが開いたら、 [ツール] - [フォルダ オプション] とクリックします。(注意: Windows98, Windows 98 Second Editionの場合は、[表示] - [フォルダ オプション]です。)

3. 「フォルダ オプション」が表示されます。 そこで「ファイルの種類」タブをクリックして、 (しばらく待って、画面がちゃんと表示されたところで) [新規] ボタンをクリックします。

4. 「新しい拡張子の作成」のウインドウが開きますので、 [ファイルの拡張子] のところに xa と入力し、 [OK] をクリックします。

5. 「フォルダ オプション」画面に戻ります。 「XA ファイル」が追加されていることを確認して下さい。 その上で、その「XA ファイル」をクリックしてから、 [詳細設定] ボタンをクリックします。
注: [変更] ボタンはクリックしないで下さい! もしクリックしてしまった場合は、 この画面で「XA ファイル」を「削除」してから、 もう一度 3. からやり直して下さい。

6. 「ファイルの種類の編集」ウインドウが開きます。 まず、説明っぽいところに XAファイル と入力してから、 [アイコンの変更] ボタンをクリックします。

7. アイコンがたくさん並びますので、自分の好きなものを選んで、 [OK] をクリックします。
(ここで選んだアイコンが、xaファイルのアイコンになります。 ここでは、音符のアイコンを選んでいます)

8. 左上のアイコンが、7.で選んだものに変わっていることを確認します。 次に、[新規] ボタンをクリックして、 xaファイルをダブルクリックしたときの動作を設定します。

9. 「新しいアクション」のウインドウが表示されます。 まず、「アクション」の欄に、open と入力します。 (日本語入力はオフにして入力して下さい)次に、[参照] ボタンをクリックします。

10. (xaファイルをダブルクリックしたときに開く) アプリケーションを選択する画面になるので、 ここで一番最初にあらかじめコピーしておいた xa.exe を選択し、 [OK] をクリックします。
(ここでは、C:¥bin¥xa.exe を選択しています。)

11. 「アクションの編集: XAファイル」のウインドウになります。 「アクションを実行するアプリケーション」のところに、 今選択した C:\bin\xa.exe が入っていることを確認した上で、 その後ろに **-p "%1" と追加で入力**します。 (わかりにくいと思いますので、図をよく見て下さい。また、日本語入力はオフにして入力して下さい。)
そこまでできたら、[OK] をクリックします。
注: もし、C:\bin\xa.exe のところが、"C:\bin\xa.exe" のように、ダブルクォーテーション(")でくくられているような場合は、 ダブルクォーテーションは削除せず、そのままにしておいて下さい。
つまり、"C:¥bin¥xa.exe" -p "%1" のようになります。

12. 「ファイルの種類の編集」に戻ります。 アイコンがちゃんと自分が選んだものになっていること、 「XAファイル」と説明が入っていること、 アクションに open というものが入っていることを確認した上で、 [OK] をクリックします。

13. 「フォルダ オプション」の画面に戻ります。 一番上の「XAファイル」の左のアイコンが自分が選んだものに変わっていること、 真ん中の「プログラム」に xa というファイルが登録されていることを確認して、 [閉じる] をクリックします。

14. これで設定は完了です。 試しに、XAファイルがあるフォルダを開いてみて下さい。 XAファイルのアイコンが、今自分が選んだものに変わっていることが分かります。 また、このファイルをダブルクリックすると、 (一旦黒いウインドウが出るものの) XAファイルが再生されます。

最終更新: 2005.7.30

DTXMania Q&A