譜面を作る

DTXMania で演奏可能な曲(の譜面)は、DTXEditor で作成することができます。
DTXEditor での具体的な譜面の作成方法については、「DTXEditorユーザマニュアル」を参照してください。

他のDTX作成ツール(DTXCreatorなど)では、ビュアーとして精度の低い DTXMania を使うため、作られた譜面データには安定しない音ズレが埋め込まれてしまいます(ズレの程度は譜面製作者のPC環境に依存します)。そのため、これらのツールの利用は推奨されません。

異なる難易度の譜面を1つの曲にまとめる

DTXMania では、難易度の異なる複数の譜面ファイルを、1つの曲として表示させることができます。

set.def というテキストファイル(文字コードはシフトJISまたはUTF-8)を譜面ファイルと同じ場所に配置すると、DTXMania は、そのフォルダにある個々の譜面ファイルは無視し、set.def に記載されている譜面だけを列挙します。

set.def の例を以下に示します。

#TITLE: OMENS OF LOVE

#L1LABEL: Basic
#L1FILE: omensoflove_bas.dtx

#L2LABEL: Advanced
#L2FILE: omensoflove_adv.dtx

#L3LABEL: Extreme
#L3FILE: omensoflove_ext.dtx

「#TITLE」行には、曲のタイトルを記述します。
「#LnLABEL」行(n=1~5)には、難易度ラベルを記述します。
「#LnFILE」行(n=1~5)には、難易度に対応する譜面ファイルを、set.def の存在するフォルダからの相対パスで指定します。

この set.def を、set.def に書かれた3つの .dtx ファイルの存在するフォルダに配置すると、選曲画面には次のように1つの曲として表示され、難易度リストに set.def の内容が反映されて表示されます。

難易度リストの拡大図。

先述の n(1~5)は、このリストの下から順に対応しています。つまり、n=1 が最下位に、n=5 が最上位に表示されます。そして、set.def を作る際には、n の値が小さいほど難易度の低いファイルを指定します(強制ではなく慣例です)。

上の図では、難易度リストの n=3 が選択されている状態です。この選択は、ハイハットを2回連続で叩くことで切り替えることができます。選択されている難易度に応じて、曲リストに表示されているタイトルも(対応するDTXファイルのものに)変わります。難易度数値の右上に表示されている文字列が難易度ラベルです。

set.def には、n=1~5 の5つをすべて記述する必要はありません。ファイルをどこにいくつ指定するか、どのような難易度ラベルにするかなどは、譜面製作者の自由です。

set.def に記述できる項目は以下の通りです。(塗りつぶされている行は、現状の DTXMania では対応していません。)

項目名内容
TITLE曲のタイトル。#TITLE: OMENS OF LOVE
FONTCOLORテキストの色。#FONTCOLOR: #FFFFFF
L1LABEL1番目の難易度のラベル名。
省略時は "BASIC" 。
#L1LABEL: BASIC
L1FILE1番目の難易度に対応する譜面ファイル。#L1FILE: omens_bsc.dtx
L2LABEL2番目の難易度のラベル名。
省略時は "ADVANCED" 。
#L2LABEL: ADVANCED
L2FILE2番目の難易度に対応する譜面ファイル。#L2FILE: omens_adv.dtx
L3LABEL3番目の難易度のラベル名。
省略時は "EXTREME" 。
#L3LABEL: EXTREME
L3FILE3番目の難易度に対応する譜面ファイル。#L3FILE: omens_ext.dtx
L4LABLE4番目の難易度のラベル名。
省略時は "MASTER" 。
#L4LABEL: MASTER
L4FILE4番目の難易度に対応する譜面ファイル。#L4FILE: omens_mas.dtx
L5LABEL5番目の難易度のラベル名。
省略時は "ULTIMATE" 。
#L5LABEL: ULTIMATE
L5FILE5番目の難易度に対応する譜面ファイル。#L5FILE: omens_ult.dtx

複数の曲をまとめて記述する

set.def では、以下の例のように、#TITLE 行を区切りとして複数の曲を記述できます(あまり利用シーンはありませんが……)。

#TITLE: Gamble Rumble [TV]

#L1FILE: initD3_bas.dtx
#L2FILE: initD3_adv.dtx
#L3FILE: initD3_ext.dtx

#TITLE: Gamble Rumble [PS2]

#L1FILE: ps2\initD_PS2_bas.dtx
#L2FILE: ps2\initD_PS2_adv.dtx
#L3FILE: ps2\initD_PS2_ext.dtx