トップ フォーラム DTXManiaに関すること何でも 気になった点 その2

このトピックには17件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2 ヶ月、 2 週間前 FROM さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 16 - 18件目 (全18件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1200 返信

    FROM
    キーマスター

    MediaFoundationにももちろんフレームをドロップするための IMFQualityAdvise などの機能があるのですが、
    これらは主にパイプライン(MediaSession)から使用される想定だそうで、
    EVRやカスタムレンダラを避けるためにパイプラインを避けてるDTXMania2ではまだ使い方が分からない状態なのです。

    MFのカスタムレンダラの何が面倒って、色変換(NV12 to BGRA32)を自分で組まなきゃいけないことですね。
    CPUで1ドットずつ変換するメソッドは最近見つけたのですが、量が量なので、CPUではなくピクセルシェーダーを使う必要があります。

    あ、あと、
    デコーダが追い付いてない場合に点滅するところ、前回の画像が再表示されてましたので、修正しました。
    そしたらやっぱ、60fpsの動画だとめっさ点滅しました。

    なんかいい方法探らないとですね……。
    MediaFoundation は情報が少なすぎます。分かってましたが。

    #1202 返信

    yyagi

    うーむ、そうですよね・・・。

    もういっそ readme.md に NEED HELP! って英語で出しとくのが良いかと。いや割と真面目な話で。

    #1203 返信

    FROM
    キーマスター

    英語でヘルプ出しといてソースは日本語とは何ごとか とか言われそうで(汗

    まあ、EVRで独自のカスタムプレゼンタを使うコードは6年ほど前にC++で組んだものがありますし、
    DXVA使うと軽くなりますし(oolの60fpsはDX50なのでDXVAが使われず全部CPUでデコードされてしまいます)、
    重要度もそれほど高くないということで、数年後くらいの実装目指してのんびりやろうと思います。

3件の投稿を表示中 - 16 - 18件目 (全18件中)
返信先: 気になった点 その2
あなたの情報: