最新版のDTXMania2をダウンロードする

インストーラー形式(.exe)と、アーカイブ形式(.zip)の2種類がありますので、いずれか片方を、お好みに応じてダウンロードしてください。
※よく分からない場合は、インストーラー形式(.exe)をお勧めします。

Release 053

更新内容

  • 新機能
    • 譜面エディタ SSTFEditor を追加しました。
    • SSTFEditor.exe は DTXMania2.exe と同じ場所に配置する必要があるため、事実上 SSTFEditor だけをインストールまたは配置することはできません。
  • 仕様変更
    • 達成率の計算で、再生速度を考慮するようにしました。
    • 曲検索フォルダパスにアクセスできない場所がある場合は、それを無視するようにしました。
    • フレームワークを .NET Core 3.1 に更新しました。
    • アプリアイコンを追加しました。
    • FDK プロジェクトを追加し、DTXMania2 プロジェクトから、汎用的に利用できるコードをそちらに移行しました。
  • 修正
    • set.defの1ブロックにおいて、すべての譜面の読み込みに失敗した場合に例外が発生してアプリが落ちる不具合を修正。
    • ユーザが変更された場合に、再現行化処理が行われていなかったミスを修正。
    • キー入力割り当て後、アプリを再起動するまで入力が反映されなかった不具合を修正。
    • 選曲画面で「↑」キーを数秒押し続けてから離すと曲リストが震え出す不具合を修正しました。
    • MISSチップが判定バーを通過した後、徐々に消滅していくアニメーションが反映されていなかった不具合を修正しました。
    • SSTFEditor の基本情報タブからサウンド遅延欄を削除しました。
    • SSTFEditor で、ファイルを開くダイアログが正しく解放されていない箇所があったミスを修正しました。

過去のリリース

 これより過去のリリースについては、GitHub リポジトリ をご覧ください。

動作条件
OSWindows 10 Home/Pro 64bit 最新版

※ Windows Vista, 7, 8, 32bit版では動作しません。
(8.1 は動作事例あり)
メモリ4GB 以上
グラフィックDirectX 11.1 (機能レベル11_0)対応のもの
サウンドWindows10 対応のもの
実行環境.NET Core 3.1 以降(DTXMania2に同梱)
MIDI接続ケーブル電子ドラムの場合は必須
(参考)うちのDTXMania用PCのスペック

DTXMania2専用として動かしているうちのドラムPCの現在のスペックです。だいたい2012年ごろのローエンドスペックになります。

一応、これを最低動作条件としておきます。

OSWindows 10 Pro 64bit
(Windows Update はもれなく実施)
CPUIntel Core i3-3220 BOX
マザーボードASUS B75M-PLUS
メモリ8GB(DDR3 PC3-12800 4GB×2)
グラフィックIntel HD Graphics 2500(CPU内蔵)
サウンドRealtek High Definition Audio (オンボード)
ストレージSATA3 1TB HDD(Seagate ST1000DM003)
MIDI接続ケーブル2×Roland UM-ONE mk2
(それぞれDTXPRESS4とTD-12に接続)
ディスプレイDiamondcrysta RDT233WLM