電子ドラムをつなぐ手順

電子ドラムをパソコンにつなぐ手順は、次の2つです。

  1. 電子ドラムとパソコンをMIDIでつなぐ
  2. 電子ドラムとパソコンの音をミックスして聴く

電源を入れる順番に注意!

パソコン → 電子ドラム → DTXMania の順番に起動してください。
電子ドラムの電源を入れた後にパソコンの電源を入れても、認識されない場合があります。また、DTXManiaの起動後に電子ドラムの電源を入れても、認識されない場合があります。
(ミキサーは、アナログならどうでもいいです。)

1. 電子ドラムとパソコンをMIDIでつなぐ

電子ドラムからのMIDI入力信号をパソコンに伝えるために、両者を接続する必要があります。

MIDI接続は、MIDI対応機器の入出力信号のみを伝達するものであり、機器の発するサウンドは伝達されません。サウンドの入出力については、別途接続が必要です(後述)。

MIDI接続には、USBケーブルまたはUSB-MIDIインターフェースを使用します。どちらを使うかは、電子ドラムの音源モジュールが備える端子によって異なります。パソコンとの接続については、電子ドラムの取扱説明書のどこかに記載があるはずですので、詳細はそちらで確認して下さい。

例を以下に示します。

(1-A) USB 端子

パソコンとつなぐためのUSB端子は、近年では多くの電子ドラムモジュールに搭載されています。
USBケーブル(タイプAオス-タイプBオス)で接続します。

最近は USB-A 端子の代わりに USBタイプC 端子を持つパソコンも増えてきています。その場合は、タイプC-タイプBオスのUSBケーブルで接続します。

(1-B) MIDI 端子

MIDI端子は、高級機種や、USB端子のない古めの機種に搭載されています。
USB-MIDI インターフェースで接続します。

MIDI OUT端子だけを持つ機種もあります。
この場合、USB-MIDIインターフェースの片方だけを接続します。

2. 電子ドラムの音とパソコンの音をミックスして聴く

電子ドラムの音とパソコンの音をひとつのヘッドホン(スピーカー)で聴けるように、ミックスします。

一般に、複数の入力をミックスするにはオーディオミキサーという専用の機械を使いますが、パソコンと電子ドラムのどちらにも簡易なミキサー機能がついていることが多いのでそれを使う方法もあります。

(2-A) パソコン側でミックスする場合

電子ドラムの出力(OUTPUT R/L)をパソコンのライン入力(In)に接続し、パソコンの出力(Out)をヘッドホンまたはスピーカーに接続します。(端子にはいろんな形状がありますのでご注意下さい。)

(2-B) 電子ドラム側でミックスする場合

パソコンの出力(Out)を電子ドラムの入力(YAMAHA や ALESIS では AUX IN、Roland では MIX IN、ATVでは AUDIO IN と呼んでいる端子)に接続し、電子ドラムの出力(OUTPUT R/L または PHONES)を、ヘッドホンまたはスピーカーに接続します。 (端子にはいろんな形状がありますのでご注意下さい。)

(2-C) オーディオミキサーでミックスする場合

電子ドラムとパソコンの出力をオーディオミキサーに接続し、オーディオミキサーの出力をヘッドホンまたはスピーカーに接続します。 (端子にはいろんな形状がありますのでご注意下さい。)

(参考)うちのドラム構成

参考までに、うちの現在のドラム構成はこんな感じです。(叩いてみた動画撮影用の機材も入ってます。)